住宅ローンを組む際の審査の種類は?

住宅ローンを組む際はまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
ネットバンク・労金・銀行など住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。
ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方にピッタリのフラット35です。
家の購入で初めに思う事は支払の事をどうするか。
という事だと思います。
たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。
ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。
支払をする期間はとても長いので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。
この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合残りのローンの支払義務がなくなる。
という残された家族にもメリットがある保険です。
住宅購入を検討されている方も多いと思います。
購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。
フラット35には金利・審査・諸費用が必須です。
審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。
ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、少なくとも数百万単位を考えておいた方が良いです。
住宅を購入を考えても、実際自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。
一般的には3?4カ月かけて契約が完了します。

住宅ローンの事前審査とは?金融機関の仮審査!【本審査と基準は違う?】