生命保険で保険料値下げするにはどうすればいいのか

【2014年4月から生命保険の保険料が下がる】大手生命保険会社日本生命は本年1月に2014年4月から生命保険主力商品の保険料を値下げすると発表しました。
それによりますと今回の値下げ幅は加入者の年齢が低いほど値下げ幅は大きく、もっとも大きいのは20代の7%台となっています。
これは若い世代で始まっている保険離れを食い止める目的もあると言われています。
この日本生命の値下げ発表を機に、今後各社が追随するのは必至で、価格競争にますます拍車がかかると関係者は見ています。
日本生命がこうした値下げに踏み切れるのも、最近になってバブル期に貯まったいわゆる「負の遺産」と呼ばれる負債をようやく整理できたからなのではないでしょうか。
もう一つは今行われているTPPの交渉次第では生命保険も自由化され、海外から強力な保険商品が流れ込むことを予想して立てた対抗策かもしれません。
医療保険「短期払い」「終身払い」って?【違い・選び方とは?】