母子家庭でも作れるクレジットカードの注意点

持っていると役立つクレジットカードを作る時の審査は様々な審査に比べると容易いケースが多くだいたいのクレジットカード会社がネットから24時間いつでも申し込みが可能です。

ローンの問題が過去になければ申し込み方法は簡単で短い審査時間で終わる場合が多く審査に合格すれば約1週間程度でカードが本人宛に届きます。

あると何かと便利なクレジットカード。

クレジットカードは通常ショッピングの支払いに利用しますが支払い以外にもキャッシング機能が使えます。

キャッシングとはどう使う物か?例えば、現金がどうしても必要な時にATMなどからカードを使って現金を取りだす事が出来ます。

ただ、キャッシングを利用した場合、返済が必要です。

返す時は利息も含まれるのでクレジットカードの申し込みはキャッシング利息の低い所を選ぶと良いです。

景気が良くなる兆しはまだ先なので日々節約は必須です。

節約生活の中に取り入れて頂きたいのが、キャッシュレスでも買い物できる1枚です。

支払い時にこれを使用するとポイントが貯まっていきます。

付いたポイントは商品券・その他の商品と交換する事が出来ます。

効率良くポイントを貯める為にはポイントの還元が良いものを使って支払いはその1枚にするのが効果的です。

ゴールドカードはクラッシックよりも高い地位が与えられているので通常よりも手厚い待遇を受けることができます。

審査基準には年齢制限や年収制限などの厳しい審査がありましたが近年、ブラックカードなどの登場で、条件が緩くなってきました。

この会員が享受できる特典はいろいろありますが、一例としてはより高額な保険補償額や空港のラウンジサービスの提供などがあります。

年間の会費が無料になるものもありますが、これについては既存会員の中で企業が規定する利用条件を満たした人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、会員側からアクションを起こすことはできません。

他には会社側で規定した以上の利用金額で年会費が不要になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクシティゴールドカードでは年間30万円の決済で適用されます。

クレジットカードはショッピングの支払い時などに財布から現金を・・という手間無く支払いが出来るのでとても便利なカードです。

そして、買い物の支払い時だけでなく電気・ガス・水道もクレジットカードを使って支払いが可能です。

カードを使って公共料金を支払うと知らない間にカードのポイントが貯まっていたりするのでポイントを貯めるのが目的で支払いをクレジットに指定する人もいます。

しかしながら、クレジット指定にすると口座振替の時とは違って月額の割引対象から外れる場合があります。

万が一の時に持っていると安心なクレジットカードは数多くのカード会社があるのでどこのカードを作ろうか迷ってしまうという方も多いでしょう。

どこの会社で作るか迷っている時のクレジットカードの選び方はカードの年会費・金利に注目することです。

年会費を支払いたくない場合は年会費がかからないクレジットカードを。

キャッシングも考え居る人は金利が低いカードがお勧めです。

接触型や非接触型などヴァリエーションが多い電子マネーですが我々の生活に浸透しているセブンイレブンのナナコもそれにあたります。

あらかじめチャージしてカードに残金を貯めておき金額の範囲内で買い物ができるサービスです。

支払い方法はかざすだけなので素早く簡単にお会計が済ませられるため、連れの人を待たせる心配が要りません。

まとめて後から請求が来るキャッシュいらずのカードは調子に乗って買い物してしまうと大変ですが入金している中から支払われるシステムなので心配はいりません。

利用するに当たっては、預託した金額を支払に充てるため申込み審査が不要ですからパート主婦やアルバイト学生でも利用できるので便利ですね。

現在、国内では非常に多くのクレジットカードが使われており国際ブランドと提携しているものが大半です。

VISAやMasterCard、JCBが一般的ですがこれがあれば、海外旅行や出張でも多額の現金は不要なので安心です。

VISAは日本では堅実な企業と提携しておりテレビから流れるCMでも有名で名前は聞いたことがあると思います。

MasterCardはVISAと双璧をなす企業で消費者金融にライセンスを提供していることでも知られています。

JCBは国内在住の人なら持っていた方が便利なのですが海外ではイマイチなので心許ないかもしれません。

キャッシュレスでも買い物できる1枚、その支払い方法には一括で支払う方法・分割で支払う方法・ボーナスで支払う方法・などがあります。

リボ払いは分割とは別の支払い方法で月々決められた金額をその会社に支払います。

支払い額が一定にできるので家計の管理がしやすくなるのが特徴です。

ただ、この支払い方法には手数料がかかりますので安易に選択する事はお勧めできません。

支払いは計画を立てて行う様にしてください。

ブラックなどのグレードが高いカードでなくても旅行保険が付帯しているものが多いので安心して行動できます。

病気の治療やケガでの通院や入院、死亡や後遺傷害などに対応していてステータスが高いほど手厚い補償を受けることができ心強いですね。

一般的に国内旅行よりも海外の方が限度額が高く設定されていますがこれについては、諸外国の医療制度が日本よりも整備されていないことが原因と考えられます。

携行品の破損や盗難、ショッピング保険などが付帯していることも多く年間補償額○○万円、という規定を設けている企業もあります。

保険適用には自動付帯と利用付帯と2通りがありますが自宅の机に保管しておいても適用されるのが自動付帯、旅行代金などの支払いに使わなければ適用外になるのは利用付帯です。

いざという時持っていると便利なのが現金がなくても支払可能な1枚です。

支払だけでなく現金が引き出せる機能が付帯しているのですぐにお金が必要な時にも対応可能です。

この1枚の作り方は色々とありますが、一般的な発行方法はインターネットから申し込みをする方法です。

インターネットからの申し込みは現在主流になっています。

インターネット以外の方法ですと申し込み会社からの書類に必要事項を記入し送り返すという方法もあります。

クレジットカードは、オンラインショッピングの際にお金を使って支払う必要がなくなります。

盤面に埋め込まれたICチップやバーコードで契約者や提携ブランド、運営会社を特定する仕組みです。

売り上げや利益は会員が利用することから得るのですが通常、支払回数が1回や2回までは金利手数料がかかりません。

利用者からの売り上げが得られない場合はどこから利益がでているのか不思議ですね。

実は飲食店や商店などの加盟店からも手数料を集めているのでビジネスとして立派に成立しているのです。

クレジットカードはお金を出さずに清算できるだけでなくそれ以外にも数多くの特典を受けることができます。

OMCやセゾンなど流通系のものは毎月「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるなどのサービスがあります。

VISA、MasterCardなどの国際ブランドでは日本国内や海外での宿泊施設、レストランや買い物で優待を受けることができます。

レクリエーション面で発行元が運営している特典は、博物館、美術館、水族館や遊園地、テーマパークなどのアミューズメント施設で割引などのサービスがあります。

更に、医療や健康面を重視しているカードもあり人間ドック、脳ドックなどのサービスを受けられるものもあります。

お金いらずで飲食店や買い物ができるので簡単に会計が済ませられるカードがありますね。

利用した金額によってポイントが貯まったりマイルが貯まるブランドもあります。

店員さんに手渡し出てきたレシートにサインするだけなので使い方は難しくありませんが、本人名義の物でなければいけません。

支払で立て替えてもらった代金は契約時に指定された毎月の支払日に自動引落されます。

通常、1回払いで引き落とされますが「後からリボ」や「ローン」に変更する事もできます。

手持ちの現金が乏しい時などに現金が無くても商品が購入できる1枚あれば安心です。

買い物に行った際の支払時に持ち合わせの現金が少ないこともあると思います。

その場合、この1枚を用いて支払いをすれば欲しい物を無事に手に入れる事が出来ます。

しかも、これは支払に使用するだけでなく世界中でキャッシングできる機能が付帯しているので万が一現金が必要な場合はこちらを使ってATMから引き出すことが可能です。

引用:母子家庭でも作れるクレジットカードのおすすめは?【収入の審査基準】